FC2ブログ

ろくろくななほinはち

 
10
 
またしても負け戦的な(笑)

地球に似たどっかの惑星。
エネルギー事情が急速に悪くなり、7つのうち5つの都市(国)が滅亡か機能喪失。

うちと隣が何とかまだ生きてて。
うちの国は、星外脱出を目指し、隣はうちを倒して残ったエネルギー総取りによる延命を狙ってる。
うちの実験は、敵機が来てつぶしてくのだよ。

空気がとても悪いので、人は浄化されたドーム内で暮らしてる。
そんな中、「ここのエネルギー関連施設が壊れたらドーム内の人口が維持できない」って施設が破壊された。
その瞬間、「上」(人間は松竹梅の3段階にランク付けされてる)の人達は、最重要エリアに引っ込んで、それ以外の浄化機能を切った。
当然暴動になって、残された「中」は軍への忠誠心から鎮圧を選択する。

私はどうやら「中」らしいが、「上」の恋人だか兄貴だかを探しにドーム内を徘徊。
捕まって、同じように鎮圧に参加しなかった「中」連中と一緒にバスで外に出された(この時、「下」の人はもう生存してない空気)

「このままじゃ殺される」ってんで、停車時に何人かで逃走。
敵に見つかりそうになったり(ドラマがあったよ)
結局、自分とこに発見され捕まるんだけどさ。

気づいたら、私はドームの外で暮らしてる。
敵国が勝って、たぶん新しいエネルギーが見つかって、その時点で世界にいた人口はまかなえるものだったよう。
ま、坂道走る車にプロペラついてたり、若干おかしいけど。
空気問題も解決したらしい。

私は「生きてちゃいけない人間」だったらしく、こそこそ生きてる。
だから恋人だか兄貴だかが経済人として生きてても、会いには行けなくて(奥さん美人だったよ)
彼は、私を救えなかったことを後悔してるっつーわけで。

負け戦ネタの夢にしては、ハッピーエンド。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

Copyright © 風鳴空 / Designed by Paroday