FC2ブログ

ろくろくななほinはち

 
24
 
独断と偏見200%です。
いや、1000%ですかね。
何か思ったことをつらつらっと書いてます。


3月22日1部、Q列21でした。
後ろの方ですが、真ん中だったので、遠いけど見やすかったです。
クンプーは前から3列目で、大野くんの顔しか見てなかったんで(笑)
まぁ今回も大野くんしか見てなかったけども。

殺陣とか、私よくわかんないだけどさ。
大野くんの殺陣はヘタだったって言ってる人のとか見たんだけど、私にはよくわかんなくて。
好きだったなーと思うだけです。

もちろん上手いに越したことはないんだけどね。
でも私はいつも、良いか悪いかはよくわからない。
好きか嫌いかしか、わからないから。

好きだった。
舞台のいろんなとこが好きで。
見てて微動だにしなかったから、見終わったら体が固まってたよ。
緊張した。
見逃したら困るなって、ホント瞬きするのももったいなかったもん。

以下はネタバレしかないので、追記へ。
・パンフ
凪のように時間の止まった、モノクロの世界が、最後に色のついた世界に変わる。
凪は背中に剣を背負っていて、最後のページの彼は剣を持っていない。

パネルとかフライヤーとかになってるのは、全部モノクロの「凪」で。
当たり前だけど。
かっこいいんだけど。
舞台見終わってからそれを見ると、何だか悲しい。

時間が止まってる。
風が止まってる。
だから、凪なんだ。

でも凪は、凪であって。
いつか風は吹く。

・凪
「俺は凪だ」って答えた時が、悲しかった。
凪って意味を、見る前にあんまり考えてなくて(普通にオリジで付けてるから。私は付けたことないけど、結構人がね)
不動に与えられた凪の名だけど、これまで「名はない」って言ってたのに、自分で「凪」って認めた時。
時間はホントに止まってるんだなって。
それを凪は自覚して、覚悟しちゃったのかなって。

凪はどんどん悲しくなっていくの。
国が山城に負けた時にりんを守れなくて奪われて。
不動が気まぐれに名を与えて臣下にして、その命令に従って血を流して人の命を奪って。
陽炎を巻き添えにしないために自由になれって言ったのに、陽炎は凪に仕えるのが自分の自由だと言って、「好きにしろ」って言ったらホントに側にいて、そのせいで結局凪に尽くして尽くして陽炎は死んじゃって。
不動の命に従った結果、巻き込みたくなかった農民に恨まれ。
虱こそがあの日りんを奪った相手で、その彼も償いだと言って死んでいく。
不動は病で死に、最後にりんの裏切り。

そこに光はあったのかな。
凪の心に光はあったのかな。
でも何かが心にあったから、凪は刀を置くと決意して、しがらみを斬ったよね。
風を吹かせたんだよね。

・陽炎
存在感が大きすぎました。
凪のために、凪のために、全部を犠牲にして。
仁雷と一緒に普通のありふれたしあわせを手に入れることだってできたのに、凪のために。
凪の笑顔が戻ることを願って。

まりかちゃんの演技に泣きそうになったよ。
私はまりかちゃんの演技、長靴をはいた猫しか見たことないし、その時はそんなに好きでもなかったんだけど。
言葉のひとつひとつが、凪に対する姿が、痛かった。
まりかちゃんの声が、動きがまた、悲しかったです。

凪のため、凪のため。
笑顔が戻りますように。
その願いは、叶ったよ。

・不動
あんなに悲しい、篤い人だと思ってなかったの。
親を殺したから、自分の子も自分を殺しに来る、だから子はいらない。
だから後継として凪を育て上げてたなんて。

彼のやり方は残酷で、凪に辛い思いをさせて。
好きではないけど。
不動は不動なりの道を歩いていたんだね。

凪を後継に選んだのは、死ぬと感じた後?
そこは私はよくわからなかったけど、不動は結構満足して死んだんだろうね。
自分を殺そうとしていた凪の前で、病で死ぬ。
してやったりって言うか、結構楽しい気分だったのかもなぁ。

でもきっと、病に冒されたと知った時、なんで?って思ったよね。
なんで自分がって。
父も母も殺した報い?
だから死ぬのかって。
山城をもっと大きくしたかったよね。
自分は強くなりすぎた、強さが親を殺したと言いながら、弱くなる気はなかったと思う。
山城を捨てることはできなかった。

きっと国を捨てて、一人で流浪してたら、不動の強さは幸せをもたらしたかもしれない。
それでも、その選択肢はなかったと思う。

・虱
「小さい」って言われてたけど、実は並んだ時は凪とそんなに変わらないんだよね。
でも「小さい!」っていうイメージはわかります。
かわいいの、何か。
ぽーんぽーんって跳ねてる感じ。
ホントシラミだよ!

最初の占い師変装は笑いましたね。
に、似合ってる…。

不動に仕えてりんを奪った、そのせいで凪は凪になった。
「お前なら、風になれると思ったのに…」と虱の知恵を不動の命に悪用した凪に失望した彼が、実は凪の風を止めたのが自分と知った時。
本当に辛かったと思うんだ。
自分がいなかったら、凪は凪にならずに今も風だったんじゃないかって。

償いだからって、虱は凪の目の前で命を擲つ。
それがまた、凪は辛かったと思うよ。
「遊びに来いよ」って言ってくれて、思わず「ああ」って答えちゃった凪。
その友達との約束だから金山のことは言わなかったのに、虱の知恵を騙して悪用しようと虱を訪ねた凪。
知らなかったとはいえ、農村を濁流に呑ませてしまい、虱に罵られて、でも虱は自分を救いに来た。
虱の1個1個が、凪を変えた。
もう1度、凪の心に風を起こした。

・おりん
実はちょっと物足りなかったのが、この妹姫。
悪女ってほどでもなく、でも悪いし。

りんが影村に「あなたは我が軍の要」って言った時に、私はん?って思ったんですよ。
りんって、不動の正妻だけど人質みたいなもんのはずで。
不動は仇だし、りんが不動の手にあるから凪は取り戻そうとしてるわけで。
なのにりんは「我が軍」とか言うんだって。
「軍の要」っていうとこじゃないのかと。

ちゃんと裏切りの印はあった。
でもビックリした。
凪を庇うために不動の刀の前に飛び出したり、邪魔になるくらいならと死のうとしたり。
凪の「取り返したい妹」を演じていて。
でもりんは不動の悲しさも、凪の悲しさも同時に知っていた。
その中で選んだのが、自分で国を取ることだった。
ただ待っていても、いつまでも助けは来ないから。

ついつい私は凪の立場に立っちゃうから、裏切りって言っちゃうけど。
りんから見たら、何年待った?って感じだよね。
不動の妻として、自分のせいで凪は不動の下で人を斬って、不動を殺す時を窺って、失敗して影武者を殺してる、そんな状況で。
絶対、キレるよね?(笑)
「もう待てん!!」ってなる、ガッツある子だったんだな~とも思う。

・仁雷
おバカキャラなんだけど、憎めない人でしたね。
ほとんど真面目な時間ってなかったなぁ。

最後はかっこよくて、かっこよくて。
陽炎と仁雷は夫婦に見えたよ。
ホントに笑わされてばっかりだったから、最後が悲しかったなぁ。

・影村
不動に2回も「近い」って言われてましたね。
なんか…うざいの(笑)
重いっていうか、やっぱり「うざい」家臣。
でも使えるっていう、おもしろさ。

不動の忠臣なんだけど、最後はりんに味方していて。
「凪と対決する」って意味で、りんと手を組んだのかなぁと思う。
だって不動しか見てないんだもん。
でも、どうなんだろ…死に行く不動を見限ったの?
あまりそうは思いたくなくて、思えなくて。

不動が選んだ後継だけど、不動から後継に選ばれなかった影村は、凪を認めたくなかったよね。
たとえ誰よりも尽くした相手の不動の選択でも。
だからり凪に山城の国を取られるくらいなら、織田に渡すっていうりんにくれてやれってこと。
って、私は思ったんだ。

・ダンサーさん
パンフを見て、何か見たことあるぞ?って思ったら、結構クンプーに出ている方はちらほら。
そうなんだー!って思って見てました。
席近かったらもっと早くにわかったのかなぁ。

虱の罠とか、川とか、ダンサーさんの出番は多いので、大変だったと思います。
特に風神罠展開のスピードが私は楽しかったです。

・「風」の旗
最後に首に巻いた時、私の風助のイメージと重なった。
私はセンゴクプーを見たことはないけど、刀を持たない風のような奴ってこんなかなってのがあって。
スッとした立ち方とか、その表情とか。

で、前半でこの風の旗が舞台に出てきた時、絡まってバッて広がらなかったんですけど。
でもきださんが「うおー届かねぇ!ホントはよーここに風って~」とか言いながら飛び跳ねてるのが自然で、私はネタだと思ったのよね。
虱の「小さい」キャラがよく出てたと思うんですけどねぇ。
違ったっぽいんですけど、どうなんでしょう。

・アマツカゼ
「天、分かつ風」アマツカゼ。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

Copyright © 風鳴空 / Designed by Paroday