FC2ブログ

ろくろくななほinはち

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
23
 
※この記事を携帯から更新しましたが、空白が反映されておらず、フリスタの話がすぐ見える状態になっていました。
ご迷惑をおかけしました。


個展メモリー。
見終わったら、何か放心状態に近くて、胸がいっぱいで。
満足で。
疲れが吹き飛んだ。
なんか今回メモ書かなくていいかな~と思ったんですが、メールしたり話してるうちに止まらなくなりましたので、メモだけ。
怪しい見取り図とか書いたりして、とりあえず記憶をとどめてみました。

感想は「すごかった」で終わっちゃいますけど。
楽しかった。
好きだった。
それ以外、私は言えません…。

なので以下は何があるか、中心に書いてます。
知りたくない人は避けてくださいね。

ちなみに整理券がカッコイイです(笑)
花がいっぱい。
オグさんのがどんとカウンターの上(笑)
メンバーとか雑誌・テレビと別枠でしたね。
みんなの注目は「ヒミツの嵐ちゃん」から来ていたことらしいですな(笑)

入ってすぐ、まず道なりに左右フィギュア100体。
右から見たので、1個目が白目むいてて、フィギュアって黒目なかったっけ!?と焦る私。
いやいや、平気でした。

ホントに肌が黒くない人は少数ですね。

右のフィギュアは、ラストのグラフティとか廃材ロボスペースの方に曲がりながら並べられ。
大宮SKはグラフティの見える位置で道挟んで向かい合わせという、七夕シチュエーション(笑)
大宮の間でグラフティが見れます。
必ずみんなが探すであろうものを、横に並べずこうしてきたか!と。

私は作品集で見た時は、そこまでフィギュアは好きじゃなかったんですよ。
何か…光り具合とか(笑)
モチーフとしては好きでしたが、フィギュア自体はそこまで。
でも実物見たら大好きでした!
すごいー。

質感が好き。
生きてる感じが好き。
彼らは、生きてる。

ちゃんと歯茎とかあるの。
八重歯の人とか歯が抜けちゃった人もいたし。
ドレッドヘアーの生え際はちゃんと細めで。
帽子も飾りも凝ってる…この小ささですごいなー。

次がフィギュア写真コーナー。
大きなのが何枚もありました。
でもなぜか1枚目は教室で当たりたくない大野くん…シュールだなぁ。
大宮はバーンと。

次がいよいよ絵などのコーナー。
作品集に入らなかった絵(サルの絵、翔くん誕生日絵とかもあり)
椅子もここです。
作品集の表紙になった像は、実物は意外に金っぽくないですね。
あとで飾ってある顔型は完全金色ですが。

私ははなまるで見た宇宙服のサルが見たかったので、うれしかったです!
鳥はなかったですが…。

タツノオトシゴは、額じゃなくて楕円のガラスに飾られてました。
うん、そんな感じがぴったり…!

椅子は明るいライトの下で見ると、作品集とは印象が違いました。
背もたれがリアル(笑)
足とかやっぱりすごい…!

グラフティを描いた時の服が怪しい画伯の顔(黒縁眼鏡)と展示されてる場所があり、その次が「智のおもいで」
小学1年?の絵日記だったり、マンガノートだったり、いろいろ。
版画とか、今の?道具も展示。
1番人が多かったです。
個展決定時の新聞記事も貼られています(笑)

振り返ると大野くんの写真。
縦6枚、横13枚ずつ貼ってありますた(78枚)
いろんな大野くんです。
写真集には4枚しか載りませんでしたが、こんなにいっぱい撮ったのか…!と思いつつ、大野くんは楽しそうでした。
かわいいです。

壁タイプのフィギュアや制作風景写真の展示があり、次が「智のひととき」コーナー。
原案展示やテレビに完成品を映し出していました。

ピカダブの原案にはメモがあり、笑わせていただきました(笑)
ハルには「自分を描いてなかった。忘れていた。描いた気がしてた」みたいなことが描いてあって、他の4人のも笑。

ひととき原案は、線画に色とかメモしてあって。
こんな感じなんだなと。
これだけでは、最後にああいう色合いとか雰囲気になるのが、想像つかないですけど。

あとここにフィギュアの型とか失敗した樹脂とか、置いてありました。
着色前のとか、型とか並べてあるので、小さな展示ですが楽しく。

椅子に使った足型や、像の顔型がタイやに囲まれて、たくさんの写真と一緒に壁に貼ってあったり。
手袋はピースしてました。

次がキャンペーン。
応募作品が壁3面に貼ってあり、花丸ついてるのを大野くんが作成。
5個でした(ニノのを含む)

最後に廃材ロボで、あからさまに給食で見た食器とか混じってました…!(笑)
ラジオ、ペンダント、何かの画面…もういろんな物が混じっていて。
じっくり見れて、よかったです。

あとここはフィギュアスペースとフィギュアを挟んで隣接しているので、フィギュアの裏側が見れます。
ただし表側を凝視する人の目線に耐える必要がありますが。

最後にグラフティ。
私は大野くんに後光がさしているのが大好きでした。
ちゃんと腕と体に光が入る様子が出ていて、素敵でした。

グッツもすごくて、ネットで見た期待を裏切られませんでした。
私の時はTシャツとタツノオトシゴのアートカードが売り切れで、残念。
ショッピングバックはポスターがちゃんと入っていいです!
すべて包装に字が入っていて、素敵ですよ…それも。
ストラップは緑のフィギュア付き。
フィギュアが大きいので、箱も大きいです…。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

Copyright © 風鳴空 / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。